セクハラの法的責任

0

    こんにちでは、「セクシュアルハラスメント」という言葉が定着して、被害者は少しずつ声を挙げられるようになってきたように思います。
    セクハラをされた被害者は加害者や雇用主の企業に対して、どういう請求ができるか、簡単に説明します。

    ● 加害者の民事上の責任

    セクハラ行為が、加害者の故意・過失によるもので、違法性があり、損害が生じている場合、被害者は加害者に対して、不法行為に基づく損害賠償請求ができます。

    問題になるのは、違法性のところです。

    その行為の態様や内容、場所、反復継続性、被害女性の対応、行為者である男性の職務上の地位、年齢、被害女性の年齢、婚姻歴の有無、両者のそれまでの関係などから総合的に判断されます。

    簡単にいえば、社会通念からみて不相当といえるか、女性の人格権を侵害するかどうかがメルクマールです。


    ● 加害者の刑事上の責任

    セクハラ行為のうち、身体的な接触を伴う場合には、内容によって、強姦罪や強制わいせつ罪、強要罪等が成立します。

    また、発言内容によっては名誉毀損罪、つきまといについてはストーカー規制法違反となることもあります。


    ● 加害者を雇っている企業の責任

    男性社員が女性社員にセクハラ行為をした場合、女性社員は雇用主である企業に使用者責任を問うことができる場合があります。

    セクハラ行為が、外形上、職務の範囲内と認められることが必要です。
    これは、加害男性の企業における地位、加害者が職務上の地位を利用したかどうか、加害行為の内容・態様・場所、加害者と被害者との関係、セクハラ行為に至る経緯等を総合的にみて、判断されます。

    また、会社は、労働者が働きやすい職場を整える義務を負っています。すなわち、セクハラ行為が行われることのないように職場環境を配慮する義務があるということです。
    これに違反したということで、損害賠償請求をすることも考えられます。


    以上です。

    少しむずかしい言葉が多かったかもしれません。
    ご相談時には、あなたの事案に応じて、わかりやすく説明しますので、ご遠慮なくご相談ください。秘密は厳守します。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    最新記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    リンク

    ブログ内検索

    モバイル

    qrcode

    RSS / Atom