離婚事件の「陳述書」の書き方

0

    離婚事件では、客観的な証拠がない場合が多く、「陳述書」という証拠が重要になる場面が多くあります。
    離婚調停はご本人の申し立ても多いので、今日はこの「陳述書」の書き方を簡単にご説明したいと思います。

     

     

    ☆陳述書って何?
    夫婦のこれまでの生活や、相手の問題行動、離婚調停に至った理由や経緯などについて当事者が裁判所宛に書いた文書で、証拠となるものです。

    ☆どうやって書くの?
    こうでないといけないというものはありません。
    基本的には、項目ごとに番号をつけて時系列順に内容を書くとわかりやすいと思います。
    冒頭に作成者の名前と作成年月日を書き、名前の横に印鑑を押します。

    ☆具体的には何を書くの?
    例えば下記のようなことを書きます。
    相手と知り合ってから結婚に至るまでの経緯
    婚約、結納、入籍、結婚式、披露宴、新婚旅行、新居などの状況と費用
    子どもの出生、現在の年齢、学校や職業、同居の有無など
    夫婦それぞれの職業、収入、資産の状態など
    結婚から問題が起こるまでの夫婦の状況
    問題が起きたきっかけ、問題の具体的内容
    その後の経緯
    夫婦間の協議の内容
    現在の生活状況、相手から生活費をもらっているか(渡しているか)
    現在の心境
    相手に対する今後の要望
    裁判所に対してお願いしたいこと

     

     

    ☆ポイントは?
    こちらの主張が通るためには、裁判所に事実を認定してもらうことが必要不可欠です。
    そのため、起きた「事実」をなるべく正確に書くことが大切です。
    特に、離婚原因になっている事実関係については、5W1Hはもちろん、周囲の状況や前後の事実関係なども加えて、具体的に記述することが裁判官に信用してもらうコツです。
    怒りや苦しみを前面に出してお書きになりたいお気持ちはわかりますが、裁判官も調停委員も赤の他人です。あなたの気持ちを赤の他人にわかってもらうためには、離婚原因(事実関係)についての丁寧な説明が必要なのです。

    弁護士に依頼した場合は、こちらでご依頼者から聞き取りをして、または、ご依頼者に原案を書いて頂き、最終的には弁護士が陳述書を作成しますので、ご安心下さい。


    前に一歩踏み出せるよう、ご一緒に頑張りましょう。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    最新記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    リンク

    ブログ内検索

    モバイル

    qrcode

    RSS / Atom