パワハラ

0

    パワハラ被害が増えています。


    企業や団体でのパワハラ研修も増えており、意識の高まりを感じますが、なかなか改善はむずかしいようです。

     

    厚労省の実態調査(平成29年)では、過去3年間に1件以上のパワーハラスメントに該当する相談を受けたと回答した企業は36.3%、過去3年間にパワーハラスメントを受けたことがあると回答した従業員は32.5%で、パワーハラスメントに関する訴訟も増加しているようです。


    しかし、ハラスメントを受けても被害者の半数は何もしないというデータもあります。
    特に、中高年の男性は相談したり助けを求めることにためらいを感じる方が多いようで、一人で抱え込んでいる現状があります。
    訴えたら仕事はクビになるしかないと思って泣き寝入りしたり、うつ状態になって黙って辞めたりしている人が多いと思います。

    「職場のパワーハラスメント」とは・・・
    同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為
    をいいます。

    例えば・・・
    足で蹴る、胸ぐらを掴む、髪を引っ張る。
    みんなの前で、大声で叱責する。ミスをみんなの前で大声で言われる。名誉毀損。
    人格を否定する発言をされる。暴言を吐く。「アホ、ノロマ、バカ、間抜け、大学で何してきた」「何やらせてもダメだ」「グズ、優柔不断!」
    挨拶をしても無視、会話をしてくれない。
    終業間際に過大な仕事を毎回押し付ける、休日出勤しても終わらない業務の強要をする。
    従業員全員に聞こえるように程度の低い仕事を名指しで命じられた。
    営業なのに買い物、倉庫整理などを必要以上に強要される。
    交際相手の有無について聞かれ、過度に結婚を推奨された。個人の宗教を、みんなの前で言われ、否定され、悪口を言われた。性格否定や家族の侮辱をされた。
    「残業をつけるな、休暇は認めない」「休憩などするな」「お前なんか辞めてしまえ」など法律違反の強要。
    などがあります。

    判断基準は、目的、手段、態様が社会通念からみて相当かということです。

    時と場合、具体的な状況においてどうか、ということです。
    社員に「怒る」ということ自体が否定されるわけではありません。許されるのは相手の「行為」への批判です。パワハラは相手の「人格」への攻撃です。
    パワハラは労働者の「人格権」を侵害しますので、加害者は、不法行為責任(慰謝料、休業損害、治療費、逸失利益などの損害賠償請求を受ける)を負うこととなります。
    また、労働者は職場において良好な環境で労働を提供する権利があり、会社は職場環境を整える義務を負っています。そのため、場合によっては会社も損害賠償責任を負うことになります。
    ハラスメントを受けた人にとっては、人格を傷つけられ、仕事への意欲や自信を失い、さらに心の健康の悪化にもつながり、求職や退職に至る場合すらあります。
    他の社員にとっても、「ハラスメント」を見聞きすることで、仕事への意欲が低下し、職場全体の生産性にも悪影響を及ぼしかねません。


    ハラスメントを行った人も、職場の業績の悪化や社内での自身の信用の低下をもたらし、さらには懲戒処分や損害賠償のリスクを抱えることになります。
    会社としても、これを放置すると、裁判で使用者としての責任を問われることもあり、企業のイメージダウンにもつながりかねません。


    ハラスメント問題に取り組み、一人ひとりの人格が尊重される職場づくりをすることは、職場の活力につながり、仕事に対する意欲や職場全体の生産性の向上にも貢献することになります。

     

    パワハラの被害を受けた方へ
    ご自分が悪いと思うことはありません。自分を責めずに周りの人に相談しましょう。
    周りの人に相談できない場合は、様々な相談機関がありますので、一人で抱え込まずに、気軽にご利用ください。
    法的には、労災申請、相手や会社への損害賠償請求、刑事告訴などが可能です。その場合、客観的な証拠が重要になりますのでなるべく証拠はおさえておきましょう。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    最新記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    リンク

    ブログ内検索

    モバイル

    qrcode

    RSS / Atom