借金の解決方法について〜自己破産

0

    今日は、借金の解決方法として、最も有名な「自己破産」について説明しますね。

    最近、なぜか自己破産のご相談、ご依頼が多いですね。


    「破産」なんて聞くと、財産も仕事もすべて身ぐるみはがされて、社会から烙印を押されるようなマイナスイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
    確かに破産をすれば、泣く債権者の方がいるわけで、大手を振っておすすめすることではありませんが、それでも私は、借金に悩む方にはぜひ自己破産の選択肢をいれてほしいと思うのです。

     


    自己破産とは、簡単にいえば、裁判所を通して、借金を法的に免除してもらう手続きです(税金など一部免除されないものもあります)。
    大きな財産は債権者に配られてしまいますが、普段の生活に必要な物は処分されませんし、お給料や年金をそのまま受け取ることができます。
    また、官報というマイナーな文書と、破産者名簿という役所の管理する名簿に載るだけですので、破産をしたことが職場の人やご近所に知られてしまうことはありませんし、ましてや、ご家族の進学や就職、結婚に悪影響を及ぼすこともありません。普通の生活を送ることができます。

    特に、自己破産をお勧めしたい方は下記のような方です。
    借金が多く、今の収入からでは返せない。精神的にもつらい。借金をゼロにして再出発したい。
    警備員や保険勧誘員など破産者の資格制限がある仕事についていない。
    めぼしい財産はない。
    借金の理由はギャンブルや浪費ではない。特定の債権者だけに返したり、嘘をついて借りるなど不正はしていない。
    当面の間、カードを作ったり、ローンを組めなくても仕方ないと思っている。


    これらに該当しない方でも自己破産をおすすめできる場合もありますのでご相談ください。

    自己破産のデメリットとして特にお話しておきたいことは、下記のことです。

    ○ まず、ご自宅があなた名義の場合には手放さなければなりません。ただ、住宅ローンを返せずにいるといずれ競売にかけられますから、早めにどうするかの判断をしたほうがいいでしょう。
    ○ 上記の通り、一定の職業や資格につけなくなります。ただ、手続の開始から免責の決定が下りるまでの数か月の間だけで一生ではありません。
    ○ 信用情報機関に登録されますので、しばらくの間はクレジットカードを作ることができなくなります。


    いかがでしょうか。借金がゼロになって新生活をスタートできるメリットと比べて、検討していただければと思います。

    自己破産の手続はご自分ですることもできますが、実際のところ、ご本人申立はわずかです。
    簡易で安価な同時廃止という手続にもっていくために、また確実に借金を免除してもらうためには、弁護士に依頼したほうがいいかもしれません。司法書士の場合、書面は作ってくれますがあなたの代理はできませんので、結局ご自分で裁判所に行き、裁判官と面談したり、書記官とやり取りすることとなります。


    ご心配の費用のことですが、一般的に破産手続にかかる弁護士費用は30万円(税別)程度です。

    事業をされている方や、財産のある方、借金の経過に問題がありそうな方は、別途費用がかかりますので、ご相談ください。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    最新記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    リンク

    ブログ内検索

    モバイル

    qrcode

    RSS / Atom