離婚のときの年金分割

0

     

    離婚をするとき、特に妻のほうで忘れてはいけないのが「年金分割」です。
    家事や育児に従事し夫の収入をサポートしてきたのに、離婚後は夫より年金が少ないなんて不公平と感じる方も多いと思います。そのため、年金も分割してもらうのです。


    ただ、年金分割といっても年金額そのものを分けるわけではありません。
    婚姻期間中の厚生年金・共済年金の保険料納付額(標準報酬記録)を分割するのです。
    分割の対象は、厚生年金、共済年金(公務員、私立学校教職員)のいわゆる2階部分です。1階部分の国民年金だけに加入している方については年金分割はできません。


    例えば、共働き夫婦で按分割合が50%だとすると、年金事務所は夫の記録の何割を妻に分割すればよいか改定割合を割り出し、その改定割合にしたがって、婚姻期間中の夫と妻の各月の標準報酬月額と標準報酬額が書き換えられるのです。


    って少し難しいですね。

    年金事務所に行って具体的に調べてもらうとわかりやすいかもしれません。

    分割対象期間・夫婦の保険料納付記録・按分割合の範囲などについて情報提供を求めることができます。
    分割すると、ご自身の受給資格要件に応じて、増えた保険料納付記録に応じた厚生・共済年金を受給できます。


    分割の仕方ですが、
    〃觝Гら2008年(平成20年)3月31日までの分
    →当事者の合意 or 裁判所の手続により按分割合を決めます(但し、上限50%)。
    2008年(平成20年)4月1日以降の分
    →当事者一方からの請求により、自動的に2分の1に分割されます。
     
    請求の方法ですが、請求する人の現住所を管轄する年金事務所に分割請求書を提出します。
    ,砲弔い討蓮合意に関する公正証書や裁判所の調書が必要になります。
    夫との間で合意がまとまりそうなのであれば、二人で公証役場に行って公正証書を作成します。

    話し合いがつかないのであれば、最寄りの家庭裁判所に行きます。家裁では収入印紙1200円や切手代くらいしか費用はかかりませんので公正証書よりお安くすむと思います(詳細は裁判所のサイトをご覧下さい)。


    期限は離婚時から2年なのでご注意ください!
    まずは年金事務所へ行って、「年金分割のための情報通知書」をもらってくるといいですね。


    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    最新記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    リンク

    ブログ内検索

    モバイル

    qrcode

    RSS / Atom