敷金が返ってきません・・

0

    賃貸借契約のご相談でもっとも多いのが、「敷金」と「原状回復費用」についての質問です。
    契約が終了して、明け渡しをした後、部屋のクリーニング代や壁の貼り替え費用、鍵の交換費用などを請求され、敷金から引かれてしまったというものです。
    大家さんからは「原状回復費用」という名前で請求が来ますよね。
    たしかに、借りた方は原状回復して借家を返す義務があります。
    ただ、ここは誤解が多いのですが、原状回復は、賃借人が借りた当時の状態に戻すことではありません。

     

    原状回復とは、国土交通省によれば、「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義されています。


    要は、原状回復しなければならないのは、賃借人が通常の住まい方、使い方をせずに発生した損傷に限られるのです。(例えば、壁を殴って穴を空けたり、クリーニングをしても落ちないほど酷いタバコのヤニなど)


    いわゆる経年変化や通常の使用による損耗などの修繕費用は、賃料に含まれていますので、賃借人が支払う必要はありません。
    ですので、大家さんからハウスクリーニング代の請求書が送られてきた場合には、その明細を確認し、あなたが負担すべきものとそうではないものを区分けする必要がありますね。
    通常の使用方法で居住している場合には、敷金全額を返還してもらえるというのが原則なのです。
    ただし、このような経年劣化なども、「賃借人に負担させる」という特約が契約書に明記されている場合には、少し話が変わります。
    実はなかなか難しい法律判断が必要なのですが、簡単にいうと、賃借人が契約書を読んで「これは自分が払わないといけない損耗だな」と明確にわかるような特約、そのような明記があるある場合には、有効な約束として賃借人が支払わなければならない場合があります。
    こうした理屈をふまえて、まずは大家さんとお話し合いをされるといいでしょう。言いづらい場合には文書でこちらの意思を伝えてもいいですね。
    それでも埒があかない場合には、弁護士が代理して敷金返還の交渉を行ったり、裁判所の調停を利用して公的な場での話し合いをもつことをおすすめします。



    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

    最新記事

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    リンク

    ブログ内検索

    モバイル

    qrcode

    RSS / Atom